どろあわわとは?

どろあわわは、美顔器のリフティ、ダイエットスポーツジムのライザップなどで知られる健康コーポレーションが開発した洗顔石鹸。発売以来出荷個数は830万個を突破しました。

汚れを落とすのは吸着力に優れた泥成分。沖縄の海底から採取された貴重な泥「マリンシルト」と火山灰から生まれた「ベントナイト」が、毛穴に溜まった汚れや古い角質を吸い取っていきます。

さらに4種の保湿成分(豆乳発酵液、加水分解コラーゲン、ヒアルロン酸Na、黒砂糖エキス)が、カサつきやすい肌に潤いを与え、ハリを保ちます。

どろあわわの副作用

どろあわわは人気の高い商品なので、その効果だけでなく副作用や継続使用での危険性について様々な議論がなされています。

それらをまとめると、ポイントは以下の3つにしぼられるようです——

大豆成分配合によるアレルギー

どろあわわには豆乳発酵液が配合されています。洗浄後の皮膚が過度に乾燥するのを防ぐための保湿成分です。

天然成分なので一般的には問題がないのですが、大豆アレルギーをお持ちの方は肌に反応が出る場合があります。その時は使うのを控えるか、あらかじめパッチテストをしておくことをおすすめします。

パッチテストのやり方ですが、どろあわわを染ませたコットンを腕の内側部分に24時間貼り付けて下さい。赤み、かぶれなどが出るようでしたら、使用しない方が無難です。

防腐剤パラベンの危険性について

どろあわわには、長期保存のための防腐剤であるパラベンがごく微量だけ含まれています。

パラベンは防腐剤として化粧品などに長い間使われており、普通は問題がないのですが、アレルギー反応の報告が何件かなされているため、成分表示が義務となっています。

このことでパラベンという名称が有名になり、「パラベンフリー」が化粧品の広告のうたい文句となりました。ただ結局は別の防腐剤に置き換えているだけで、パラベンフリーにすることで安全性が向上したというわけでもないようです。

研究者によっては、「長期間使わているパラベンの方が安全性が証明されている」という意見があるくらいです。

ただどうしても気になる人は、事前にパッチテストを行って下さい。

微粒子マリンシルトの摩擦について

どろあわわは、その配合成分である沖縄の美容泥マリンシルトの微粒子によって汚れを吸い取っています。その吸着力はとても強いので、目などの粘膜に入ると痛みが生じる場合があります。洗顔の時はしっかり目をつぶり、その成分が敏感な部分に入ってしまわないよう気をつけましょう。

どろあわわの成分

どろあわわで洗顔すると毛穴がスッキリしますが、これは配合されているマリンシルトのおかげ。

マリンシルトは沖縄で古くから使われている天然泥で、毛穴より小さい5μm以下の微粒子が皮脂や毛穴の黒ずみを分子レベルで吸い取ってくれます。

更にその吸着効果を高めるため、国内産のベントナイトも配合。こちらも粘着性の高い泥のひとつです。

さらに保湿に効果のある豆乳発酵液、ヒアルロン酸、そして美肌成分として有名なコラーゲンを配合しているため、洗い上がりのつっぱり感を抑えてくれます。

どろあわわの洗顔の注意ポイント

洗顔のポイントは、やさしく行うこと。肌に負担をかけないことが大事です。

どろあわわの第1の特徴は「他に例のないクリーミーな泡」。専用の泡立てネットを使い、どろあわわを十分に泡立てると、弾力に富んだモチモチした泡ができます。

どろあわわは2センチから3センチが適量。水で濡らした泡立てネットにそのまま出して下さい。

泡立ちが少し悪いな、と感じた時は、ネットを伸縮させ、空気を含むようにすると泡が増えていきます。

もし泡が硬く感じるようでしたら、水分を足すと柔らかくなります。

しっかり泡立ったら、やさしく泡を転がすように洗います。ゴシゴシこするのは厳禁です。

顔全体に泡を十分行き渡らせたら、すぐに泡をすすぎます。

この時気をつけてほしいのは、必ずぬるま湯か水を使うこと。温度の高いお湯は肌に必要とされる皮脂まで洗い流してしまうので避けましょう。

泡切れがいいので、ぬるま湯や水でもヌルヌルした感じは残りません。

仕上げにやわらかい素材のタオルで水分を拭き取りますが、この時もこするのはやめて下さい。

顔にタオルを押し当てるようにしながら水分を取っていきます。

その後の保湿も忘れないようにして下さい。

どろあわわの体験談

注文していたどろあわわが届きました。

箱を開けると、どろあわわ本体だけでなく、泡立てネット、冊子などが入っています。

この泡立てネットは泡を作る時欠かせないもの。

パッケージを手にすると、思ったよりも硬く、ちょっと驚きました。

中身を出す時も、かなり力がいります。この辺は改良してもらいたいですね。

適量をなんとか手のひらに出してみました。

見た目はまるでセメント。泥というイメージではありません。

こんなものが本当に泡立つのか……?

少し不安を覚えるような質感です。

そしてニオイですが、どういっていいのか、なんとも形容に困ります。

冊子を見ると火山灰の泥の成分とありますから、灰のにおいということなのでしょうか。

ただこれは使っているうちに慣れてきますけどね。

さっそく泡立てネットを使い、泡立ててみました。他の洗顔フォームよりも丁寧に泡立てる必要があります。

そして、しばらくすると——

これまで見たこともないようなモチモチの泡が立ちました。

泡を使ってすぐに洗顔。モチモチの泡に触れていると、まるでソフトクリームみたいな感じです。

しかも跳ね返ってくるような弾力。

顔を泡で一杯にし、優しく洗っていきます。その気持ちよさは例えようがありません。

洗い終わりまで泡は消えません。おかげで首やデコルテまで洗えました。

使用量は3センチということですが、こんな感じだとそれだけで全身が洗えそうです。

ぬるま湯で流すとすぐに泡が流れていきます。泡切れも最高。

洗い上がりはものすごくサッパリしています。

ただ、ほうれい線の辺りに少しだけつっぱり感が残りました。

口コミをチェックすると、つっぱる人とそうでない人の意見がそれぞれありました。もちろん個人差はあるでしょうが、乾燥肌の人には向いていないかもしれません。

私は混合肌なので、脂の溜まりやすい部分だけをしっかり洗い、頬は軽くなでるくらいにすればちょうどいいようです。

投稿日:

Copyright© 『本当に効いた!どろあわわの口コミ・効果まとめ』 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.